癌治療をするのに先進医療保険が必要になる時代がやってくる!

混合診療の解禁で先進医療保険の重要度が増してくる?

スポンサーリンク
日本は、TPP(環太平洋連携協定)に加盟することを環太平洋諸国との会議ではすでに決めており、残すは国会の承認を待つのみという状態になっています。

 

と言われてもいまいちよくわからない方もいらっしゃると思います。

 

要は、グローバリズムなんて言葉が流行っていますが各国で掛けている規制を辞めてしまい自由に動けるようにしよう!

 

という流れなのですが、アメリカが日本の国民皆保険って邪魔だよね?

 

と言い出したため日本は国民皆保険制度を守りたかったのですが、ほぼ消滅の危機が迫ってきているということです。

 

今のところ、日本の健康保険制度は厚生大臣が保険の対象となる治療法や薬などを限定しており、その価格すら決めていますが健康保険の対象にならない治療法や薬については自由診療と呼ばれており患者が負担することになっています。

 

アメリカでは民間医療保険会社が非常に力(財力)を持っておりますが、アメリカは病院に通うこと自体がもはや先進医療を受けるのとほぼ同じ状態なほど治療費が高いわけなので、その治療費を負担してもらいたいなら民間保険に入ってね!ということになっているからです。

 

その多額のお金が掛かる状態を日本にも積極的に行ってもらうという意味で混合診療が解禁されていくことになります。

 

もちろん、アメリカの保険会社は日本の国民皆保険制度で賄いきれなくなった治療費を保険に入ってもらうことで補ってもらおうとしています。

 

ということで、毎月数万円の病院に通う保険代金が掛かるのでは?なんてささやかれているほどですので今後の動向に注意しないといけないかもしれないですね。

 

スポンサーリンク