ガンとガンもどきは何が違うのか知っていましたか?

ガンとガンもどきの違いとは?

スポンサーリンク
癌(ガン)には誰もが知っている癌とがんもどきが存在していることを貴方は知っていましたか?

 

癌は、一般的に「早期がん」「進行がん」「末期がん」と呼ばれています。

 

よく言われる「進行がん」では、がん細胞が広がり、がんができた粘膜層を超えて筋肉層まで達すると、治る確率がかなり低くなってしまうということです。

 

また、末期がんになってしまうと、すでにリンパ節や周囲の組織に次第におかして広がりをみせていくこと(浸潤)で、多臓器にも転移をしてしまっているためさらに治る確率は悪くなり最悪死亡してしまうということになります。

 

では、がんもどきとは何なのか?

 

それは、近藤誠先生が”ガン法治療法”を出していたりします。

 

癌自体になんと性質が元々あって癌は全て進行がんと化しそのまま末期がんへというパターンへは当てはまらないというわけです。

 

がんもどきは、進行して大きくはなるが、周囲の組織には広がらず転移もしない癌というわけでそれほど恐れる心配はないということになります。

 

もし、癌だった場合は、いくら手術や処置をしても、浸潤し転移を繰り返していくためもはや治ることはなく、長生きは望めないということになるというわけです。

 

癌と診断されしかも手術や処置すらしていないのに長生きしている人は、がんもどきの可能性が高いとなるわけです。

 

もし、癌になったからと言っても、癌を完治することはまずないので、老化現象としてとらえるくらいの余裕は持ちたいところですね。

 

ガンとがんもどきの違いはあるのか?

 

実は、癌とがんもどきの違いは全く分からない状態だったりします。

 

いくら同じタイミングで食道がんになった患者がいたとしても医者としては、手術→抗がん剤→放射線治療という形で治療を進めていくことになります。

 

ところがせっかく手術をし、処置を行ったところで1年以内に死亡する場合も多いが逆に5年以上も長生きする人もいるわけですね。

 

つまり、癌もどきと決めつけて放置していたら癌だった!なんてこともあるわけです。

 

癌である場合は・・・

膵臓ガン(すいぞうガン)
肺ガン
食道ガン
乳ガン
食道ガン

 

ですが、癌にならなければ不死身というわけではないので、ここは治療や手術を進めていくかどうかは家族や患者自身でまずは体調を観察しながら判断したいところですよね。

 

癌は、定期健診で見つかる場合もありますし、大便で血が混ざっていたり体調が凄くおかしい場合だったりで検査してみたら見つかる場合もあるわけです。

 

※ただし、初期がんは体調の変化だけでは見つけにくいので注意してくださいね!

 

スポンサーリンク